シアリスのジェネリック薬を比較

ED治療薬のひとつ、シアリスは2002年に誕生した比較的新しいED治療薬で、それまでのED治療薬に比べて、効果の持続時間が長いという特徴をもっています。
その持続時間は約20時間から36時間とされています。
その為人気は高いのですが、医師による処方箋が必要なため、継続して使用するには少々金額が高くなるというデメリットがあります。

そこで、個人輸入代行業者等を利用してシアリスのジェネリック医薬品を利用する方法があるのですが、シアリスのジェネリック医薬品にはどのようなものがあり、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
シアリスのジェネリック医薬品には複数の種類があります。
タダシップ、タダリスSX、メガリス、ジマリス、Vタダスーパー、ビダリスタ、タドラ、フォーゼストと、一般的に知られているだけでもこれだけのジェネリック医薬品が販売されています。

どのジェネリック医薬品も有効成分である、タダラフィルは含まれており、EDを改善する効果があることは間違いないのです。
それぞれのジェネリック医薬品に違いはあるのか、また値段の違いはどのようなものかということにも目を向けてみましょう。
まずそれぞれ、見た目が変わってきます。シアリスと比べると形が違ったり色が違ったりします。
また錠剤に刻まれている刻印も違うので見た目でシアリスとの違いを確認する事ができます。

しかし、一番の違いは値段の違いです。
シアリスは平均で一錠、約2,000円しますが、他のジェネリック医薬品は約500円位で購入できるものが多いです。
こうなると約4分の1の金額で購入できるのでかなりお得になります。

ただ、個人輸入代行業者を使いジェネリック医薬品を購入する際には注意点もあります。
安心できる業者かどうかをきちんと調べてから、購入する必要があるのです。
中には代金を振り込んでも商品を送ってこない業者や偽物を送ってくる業者もあるので注意しなければなりません。
このあたりの問題をクリアすればシアリスのジェネリック医薬品を利用するメリットはおおいにあるでしょう。

タダシップやメガリス、ジマリス等の違いとは?

シアリスとその他のジェネリック医薬品の効果に関しては、違いがありません。
ただ偽物も多く出回っているため、注意が必要です。偽物は、有効成分のタダラフィルが、入っていなかったり、含有量が少なかったりします。
信頼のおける業者を利用する事が重要です。

何種類もあるシアリスのジェネリックですが、違いは値段にあります。
一錠あたりでみると、タダシップは約400円、タダリスSXは約300円、メガリスは約350円、ジマリスは少し高めですが700円位、Vタダスーパーは約300円、ビダリスタは約500円、タドラは約300円、フォーゼストは約200円になっています。

ここにあげたのは、一錠が20mgのものの値段ですが、業者によって違ったり、まとめ買いすると値段が変わったり、為替レートが変わると、値段が変わるので、あくまでも参考程度に考えてください。
値段に差があるのは、シアリスのジェネリック医薬品によって製造している製薬会社や製造している国が違うからです。
その為、同じシアリスのジェネリック医薬品でも販売価格に差があるのです。

これだけシアリスとの価格差があり効果に違いがなければ、ジェネリック医薬品を使用するのが懸命ですが、前記の通り、個人輸入代行業者を利用するためには、信頼のおける業者を利用する事が重要です。
業者のサイトによっては、その薬の専門機関による成分鑑定書を表示していたりするのでそれを参考にしたり、あとは口コミを参考にしたり、問い合わせをしてきちんと返答があるかなどを予め調べてから利用すると良いでしょう。
それぞれの業者によって扱っているシアリスのジェネリック医薬品は違います。
どの業者のサイトも良い業者であれば、普通の通販サイトを利用する感覚で利用できるのがとてもメリットです。